スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝の心
touhokusen.jpg


先日後輩K君に懐かしい写真をもらった。

これはとあるレースに勝利した時の写真。

勝った瞬間、岸にはレースした自分達と同じくらい、いや自分達以上かもしれないくらい喜んでいる部員が沢山いて、
それを見た時、この勝利は本当に部全体で掴んだものなんだなあと思った。

前から頭では部全体でとか、マネージャーやスタッフ(OB、親…)の支えがあってこそだ、とは意識していた。
が、この時はまじめに心の底からそう思ったのだった。

以来、今の自分があるのは色んな人達のおかげだなあとしみじみ思うようになり、人に対する感謝の気持ちというのを大事にしているのでした。


と、一枚の写真から色々思い出したのであった。
寝よ。
スポンサーサイト
適材適所
今日は気分転換に美香保公園でスケートをして来た。

借りれるスケート靴には種類があり、自分はホッケー用を選ぶ。
一緒に行った二人はフィギュア用。

フィギュアの靴は優雅に滑れて、ホッケーの靴は戦闘用で機動力抜群といった感じだった。

最初は機動力を生かしゴリゴリ滑る。
しばらくしたら他の二人が後ろ向きに滑ったり、クルッと回る練習を始めて、楽しそうに見えたので自分もそれに混じった。

しかしホッケー靴はつま先にギザギザが無く、クルッと回ったあと止まりにくい。(下手なのが原因)
挙句転んで腰と肘を強打。

いまだに歩きづらい。
乗り 過ごし
今日は説明会で東京に行ったのだが、明日札幌で面談があるため今はもう札幌。

説明会終了後、会場を出る時に今は人事をやられている先輩に出会った。
その先輩は

「どうだ調子は?」

と言いながらまずロ-キックをして下さり、その後色々とアドバイスもしてくれた。本日はありがとうございました。

最近説明会や面接が重なり、徐々に志望動機が明確になってくる。

吉牛でカレ-ライスを食した後、羽田空港行きの京急に乗り込んだ。

車内で色々考え事をしていたら

『次は、横浜~、横浜です』

というアナウンスが。
ん?横浜!?

何をどうしたら羽田空港に着くはずが横浜に?

どうやら乗換が必要だったらしい。
飛行機には間に合ったけど、危ないところだった…
プラス思考
自分は常日頃から、プラス思考を心がけている。
部活のコーチングでもそれを心がけている。

何事も良い方に良い方に考える。
ある意味楽観的なのかもしれない。

しかし時には何事もマイナスに考える人がいるのだ。

今日研究室の後輩A君が、

「僕が推薦で受けるところ、7割しか採用されないんすよ」

と言うので、

「7割って、余裕じゃん」

と返したところA君曰く、

「だって、3割の人が駄目なんですよ?イチローがバッターボックス入ってるようなもんすよ!」

うわ、打たれそうだ。

A君がイチローに綺麗にヒットを打たれる姿が想像された。

A君はとてもユニークなマイナス思考をしてくれる。
それを逆にすればかなり良いと思うんだけどなあ。
仏の顔も
この2日間あまり寝てなかったので、今日は夕方からちょいと寝ていた。

しばらくして、電話の音で目が覚めた。
見ると先日名刺を忘れたガラスメーカーの着信が。

しかし、手を体の下に敷いて寝ていたようで痺れて手が動かない。
携帯開けねえー
悪戦苦闘しなんとか開いて出ようとした瞬間、切れちゃった。

またこういうのか‥。名刺に引き続き二度目だ。
即こちらから電話し、掛けなおして頂いた。

電話は次の選考についての連絡だったが、三度目は無いようにしたい。

ところで昨日実家に帰った時父親から、
「ついこの前、その会社を定年した人と旅行してきた」
と聞いて驚き。

なにか妙な縁を感じる会社だな。
商大アメフト部
今朝、あるガラスメーカーの方との面談があった。
細身で爽やかな印象の方だったのだが、握手の力が意外と強い。
こちらも負けじと握り返す。

まあ、そんな勝負はおいといて。

自己紹介や仕事に関する事等、色々とお話をする。
あっという間に時間が過ぎ、お礼を言ってまた握手(やはり強い)をし、家路に着いた。

帰り道で頂いた名刺を確認しようとすると、名刺が無い…?
そういや名刺入れに入れた記憶も無い。

しまったあぁー、テーブルの上に置き忘れたあ

なんて失礼な事を…。
時間をオーバーししまってて、席を立つ時に急いだからか?
いや、そんな言い訳はいい。
謝らないとイカンと思い、即面談した場所に戻る。
良かった、次の人と面談中だ。まだいらっしゃった。

面談が終わるのを待ち丁重に謝ると、
「名刺いらないのかと思って悲しくなってたから、戻って来てくれてよかったよー。」
と笑ってくれた。
本当に失礼しました…。

ちなみに9時~19時まで面談するらしい。
お疲れ様です。

図らずともインパクトある演出をしてしまった。
こんな演出はいらん。おおいに反省した。

後にこの社員の方はアメフト部だった事を知る。
あの力強さはそのためか。
なんのために
「県庁の星」を観てきた。
メンズデーだったので息抜きに。

単なる娯楽映画と思って観に行ったのに意外と、いや大分学んでしまった。

将来自分が社会に出た時、忙しかったり目の前の仕事を成し遂げることだけに目が向いてしまったり、色々な理由で自分がなんで仕事をしているのか忘れてしまう事があるかもしれない。

そんな時、恐らく自分は嫌な奴になっていることだろう。
今までの経験的にもそう思う。
そうならないためにも、自分が仕事をする本来の目的を常に心に持っておきたい。
それを忘れなければ、大丈夫だ。
それで出世するかどうかは知らんけど。

てなことを観ていて思った。


なんか、くさい文章になってしまった。
ああ、くせえくせえ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。